特許を取得する際に弁護士に頼むメリットとは?

弁護士を介して特許を取得することができる!?弁護士に頼むメリットをご紹介します。 - 弁護士を介して特許を取得

弁護士を介して特許を取得

特許を申請しようとしたときに、まずはどうしますか?「そんなことを言われても…」と困ってしまうかもしれません。調べてみても意味がわからず、結局わからずじまいになってしまうことがあります。
そんなときに、相談できるのは、「特許事務所」という存在です。特許事務所では、弁護士さんが在籍しており、1からのスタートだとしてもわかりやすく特許について知ることができます。

弁護士さんに相談するメリット

弁護士さんに相談することで確実に特許申請が通るというわけではありません。弁護士さんはあくまでも、あなたの特許申請をサポートしてくれる存在です。
分かりにくい資料の作成や、特許取得に関する費用の相談、段階の説明などもわかりやすく教えてくれるはずです。
説明を見たり、ひとりでは全くわからないという時は、相談してみましょう。

弁護士さんに相談するデメリット

もちろん、弁護士さんに相談するときのデメリットもあります。一番のデメリットは、費用がかさんでしまうという事でしょう。通常、特許を申請するときには要所で料金が発生してしまいますが、弁護士さんに頼むと、さらに追加して依頼料などが発生します。
しかし、手慣れない特許申請で不備ばかりを出すより、一番最初だけ弁護士さんと一緒に申請作業を行い、ノウハウを知ることが大切です。
jmgj
一人で申請を行って料金を無駄にするよりも、確実に申請をすることができる方法を取った方が良いかもしれないという場合があります。
弁護士さんによって料金は変わってきますが、大抵は成功報酬などの扱いとなるそうです。また、場所によっては依頼料なども発生するので、ホームページを見たり、電話で問い合わせてみたりして、確認しておきましょう。きっとあなたの役に立つ方法だと思います。
特許を申請するときは、個人で行うことももちろん可能です。しかし、最近では特許の申請案件が増えており、より正確な申請が必要とされています。
そのため近年では弁護士に申請の仲介を依頼するという人も増えてきているそうです。弁護士に頼むと多くのメリットがありますので、きっとあなたの力になってくれるはずです。

弁護士に頼むメリット

一番のメリットは、損失が少なくなることです。特許の申請は年間でかなりの数を引き受けているそうですが、その中でも自分の発明の特許を取ろうというのであれば、確実に審査に通る必要があります。特に個人であれば、それだけで少々リスクが高いと言えます。
また、特許を取得したあとも、さまざまなトラブルが待ち受けています。例えばあなたが発明したものが第三者によって無断使用されていた、ということになれば、訴訟を行う必要があります。そんな時に弁護士がいればその取り組みもスムーズに済むはずです。1から弁護士を探していては、時間ばかりが過ぎていきます。

弁護士に頼んだら費用はどうなるのか

弁護士と言えば依頼費用が高くつくというイメージがあるのではないでしょうか。正直な話になりますが、実際に弁護士に依頼すると、それなりの費用が必要になります。
大抵、必要になる費用は、「先行調査費」「出願費用」「審査請求費用」「登録時費用」「中間対応費用」となります。金額は弁護士事務所の設定によりますので、詳しくは言い切れないのですが、それなりの報酬を必要とするということは覚えておきましょう。
しかし、個人で特許申請をするよりも確実で、しかも取得後のケアもあるので長い目で見れば、こちらの方が安心できるということにもなります。最終決定はあなた次第ですが、もし、初めての申請で、しかも、内容に不安があるという場合は、弁護士を頼ってみてください。
特許費用